【お客様の声】マザーズコーチングスクール講座

先日マザーズコーチングスクールをご受講いただいた方からご感想をいただきました。
許可を得ましたので掲載させていただきます。

お話しさせていただいて、いろいろな気づきがありました。
1日1回でも質のいいやりとりができれば自分を褒めるというのが印象的でした。今までは朝や時間にリミットがあるときに、どうしてもイライラしてしまって否定的な言葉かけをしてしまう事にばかり気がいってしまい自分を責めてしまいがちでした。
どうしても平日の朝は時間がなくてイライラしてしまう、時にはケンカして泣かせてしまう。それでも1日1回は必ず質の高いやりとりができているんでは?と思い至りました。母親の自己肯定感が子ども自己肯定感にリンクしているなら、この自分を褒めるという事にフォーカスして1日2回、3回と増やしていけばいいのかもしれない!と道筋が見えたように感じています。
また私の母親について、考え方は違えど母をベースに私の価値観が形成されていると気付いて少し恐ろしくなりました(^_^;)
個を認めることと社交性はまさに母の姿から作られた価値観だなと思いました。知らず知らず母との関係から自分の価値観の軸を採用していたんだなぁと…
そうなると子どもの価値観にも私が影響してくると思うと、本当にこれからの関わり方を大事にしないといけないですね。
(A様・女性)

A様、ご感想をありがとうございました!
様々なことを感じ、気づきを得てくださったことを嬉しく思います。

自分の子育ての道筋やヒントを見つけたい方には、マザーズコーチングスクール講座がおすすめです。

マザーズコーチングスクールの詳細はこちら

 

関連記事

  1. お客様の声(トラストコーチングスクール講座&マンツーマンコー…

  2. 【お客様の声】トラストコーチングスクール講座

  3. お客様の声(トラストコーチングスクール講座)

  4. 【お客様の声】トラストコーチングスクール講座

  5. 【お客様の声】マザーズコーチングスクール講座

  6. お客様の声(トラストコーチングスクール講座)

プロフィール

TCS認定コーチ/マザーズティーチャー
岩谷 けいこ (Keiko IWATANI)


参天製薬株式会社の臨床開発グループに8年間所属し、眼科薬の臨床試験を担当。7本の治験と臨床研究に携わる。研究開発本部の組織風土改革の実行委員として、風通しの良い職場作りや生産性向上のために積極的に取り組む。


転勤族の夫との結婚を決めたものの、働き方やキャリアについて悩み、女性だけが自分のキャリアや人生を犠牲にせざるを得ない社会状況に疑問と憤りを感じる。そんな時に「コーチング」で人生に変化が起こる。


現在はコーチとして、「すべての女性が 自分らしさ・才能・魅力を発揮し、大切な人とより良い関係を築きながら、イキイキと活躍できる社会を作る」というVisionのもと活動中。


情報配信【LINE@】登録はこちらから